IT教育することで発想が豊かになる

近年はIT業界の成長が著しく、小学校からプログラミングなど身近になってきました。学校でプログラミングの授業を積極的に取り入れたり、IT教育を強化している学校も多く、子供達の視野が幅広くなることは確かでしょう。海外では、日常的にプログラミングなど取り組んでいますし、iPadを使ってペーパレスの授業なども多いですが、日本はまだペーパレス化は進んでいないため、少しずつIT教育を取り入れていくことは大切になります。プログラミングが身につくと、ゲーム感覚で自分でプログラミングして、ゲームを開発したり、色々と自分で発明することも楽しくなります。発送が豊かになるので、子供達もパソコン操作が楽しくなり、製品開発意欲も自然とできるようになるので、IT教育を積極的に学校で取り入れていくことは必要です。まずは、ワードやエクセルから取り入れて、発表もパワーポイントを使うなど学校独自の取り組み方で社会人になった時役立ちます。