私が考える現在のIT教育の問題点

現在IT教育を義務化しようという動きがあるそうです。しかし、現在の教育には問題があるように感じてしまいます。ITと言えばよくプログラミング教育が挙げられると思います。以下は私の経験です。私自身中学、高校時代にパソコンでプログラミングを習いましたが、正直に言うとわからないのです。周りの人は、先生の話をきいたらと言われます。しかし、ついていけないのです。ついていこうとしても、パソコンがフリーズしたり、そもそもどこを押せばよいのか理解できなかったりするのです。そして、プログラミングで使われる言葉はカタカナばかりで、何が何だかイメージすらわかなくなることが起きたのです。もしかすると、こういったことは私だけかもしれません。しかし、いずれにしよ、分からない人は沢山いるんだと思います。ここから私が考えるのは、いかに、分からない人に寄り添って教育できるかどうかだと考えます。これは決してIT教育だけとは限りませんが、日本のIT教育の義務化を行うのであれば、こういったことを考える必要があると思います。