中途半端なIT教育よりも読み書き英語か

私的にはIT教育は高校生ぐらいからでいいのかなーと思います。というのも、今の小学生、中学生に対するIT教育って内容がいい加減だと感じますもん。こちとらIT業界の現場の人間からしましたら、「IT教育をするのならば、ちゃんと教えて!」と思いますから。

中途半端なIT教育で時間をとっているよりも、漢字の書き取り練習や英語の勉強をした方がよっぽど身になると思うのですが。私個人の考え方ということを前提にしてお話しますけれど、IT教育だなんだといっても、IT仕事の現場に出る際には結局は根詰めて一気に習得にかかる方が時間の使い方として効率がいいと思うのですよね。

ですから今のIT教育のようにたまーにサラーとIT教育をするだけでは、結局は身につかないと思いますので。それならばIT仕事の現場に出た際に、しっかりと技術および知識が身につくようにまずはベース作りをした方がいいと思うのです。

ですからこそ、読み書き英語の教育の方が結局はIT仕事をするにしても、大事になってくるのではないだろうかーと思うわけです。