低学年時のIT教育の大切さ

小学生の段階でIT教育の時間を設けることは、これからの時代に対応するためには、必要不可欠な時間だと言えます。

実社会で仕事をしていく上でITリテラシーを有していることは避けて通ることができないからです。

しかし、単純にIT機器を使えるだけでなく、より高度にプログラミングの考え方をマスターすることは、社会に出た時に機械に任せることができる仕事は全てIT機器に任せて、本来、人が行う考える仕事、創造する仕事に専念できることに繋がって行くことにもなってきます。

まだ、子供達には基礎的な学習が必要な年代ではありますが、創造性を発揮させることができるように、IT機器価値をしっかりと認識させることが、とても重要だと言えます。

少子化の時代にあって、これからの時代は限られたマンパワーで仕事の効率化が求められてきます。

したがって、IT機器を高度に利用できるように、この年代からの教育のあり方が、とても重要になってきます。