高校生とIT業界双方に良い影響をもたらすプログラミング教育

プログラミング教育が義務化された後のIT業界は、特に高校生でそれに特化した生徒がいるというのは強みになるでしょう。長い間IT業界にいた人よりも、下手をしたら生まれてからずっとパソコンやスマホと一緒に育った高校生の方が上を行くかもしれません。

新しいものに抵抗がなく、早い理解ができる若者が増えれば、IT業界は即戦力として会社に迎え入れることができます。そうすればさらにスマホアプリなどの開発に力を入れることができ、ますます洗練されたIT社会になっていきます。

就活をせずとも、高校の方に求人が来ることになれば高校生としても負担が少ないですし、いつも持ち歩いているスマホの世界に自分がかかわれるというのはモチベーションアップにもつながります。学校で学んだことが直に生きる職場で働けることになれば、今までの勉強が無意味であったとおも思わなくなります。

プログラミング教育は、高校生にもIT業界にも良い影響をもたらすことでしょう。