小学校におけるIT教育の意義

小学校の授業の中でもIT教育がさかんに行われるようになってきました。

IT機器の操作そのものを学ぶ内容もあるのですが、算数・理科等の授業の中で、複雑な図式やイメージをIT機器の機能で補完しながら、より理解を踏めメル補助ツールとして活用することも多いのです。

IT機器を使いこなすことは、反復作業や大量の情報・データを加工したり計算させるような活用や今まで各科目の補助教材であったものをIT機器により、視覚的効果を生み出しことで、現実では体験できない事象を仮想的な世界で見せることができるようになります。

これより、自然に触れる機会の少ない子供達が、学びを深めることができるようになってきます。

IT教育は、機器の操作能力を高めることが一番の目的でなく、機械に任せることたできることは任せて、人しかできない創造性を高めることや、協働学習において、IT機器を有効に使いこなすことで、学問への関心を高めることこそIT教育の真の目的と言えるの思うのです。